uncategorized

【鉄道×多摩動物公園】お得なきっぷ3選 【20%おトクな場合も!】

当サイトでは「TRAINS × NATURE」をテーマのひとつに、電車で便利に行ける自然スポットを紹介しています。

今回は多摩動物公園。電車・モノレール駅を降りると、動物園はすぐそばにあります。山の中につくられた動物園は自然がいっぱいです。

また、駅のそばには 屋内あそび場・電車ミュージアムもあって多摩動物公園周辺エリアは1日中遊べると人気のスポットです。
※2024年3月屋外アスレチックもOPEN(京王HUGHUG)

多摩動物公園駅までの電車・モノレールでのアクセスお得なきっぷ をまとめました。大変お得だけど意外と知られていないきっぷもあるので、ぜひ参考にしてみてください。実際に多摩動物公園を訪れた感想も掲載しています。

※ 内容には細心の注意を払っていますが、ご利用時は鉄道会社の最新情報をご確認ください。利用ルートや、季節限定きっぷが発売される場合など、他のお得なきっぷがある場合もあります(情報は2024年3月現在)
※ お出かけには、季節・天気・体力などを十分検討したうえでのご判断をお願いします

はじめに
– 多摩動物公園へのアクセスについて –

多摩動物公園は、東京都日野市にある自然豊かな動物公園です。丘陵地につくられた動物園で園内はアップダウンが多いのが特長です。

もともとが「山・丘陵地」なので、初めて訪れると坂道だらけで驚くかもしれません。でも季節が良く涼しい時期ならちょっとした運動気分で楽しめそうです(歩くのは季節の涼しい時期がおすすめです)

自然に囲まれた場所で動物たちもそれぞれのペースで過ごしていて何度訪れても楽しめます。
ライオン・キリンはもちろん、オラウータンやカンガルーの暮らしや、昆虫館の「チョウの楽園」や「コウノトリ」エリアなど、いつもたくさんの感動があります。

多摩動物公園へは、動物園はモノレールや京王線でのアクセスが便利です。まずは、モノレールから記したいと思います。

1. 多摩モノレール

多摩モノレールは「多摩センタ〜上北台」まで、多摩エリアを南北につなぐモノレールです。途中駅に、高幡不動駅や立川北・立川南駅(いずれもJR立川駅に近い)があり他社路線との接続も便利です。

運賃(おとな運賃)は、
立川北〜多摩動物公園が 片道320円・往復640円
多摩センター〜多摩動物公園が 片道270円・往復540円 です。

運賃は、京王線とくらべると少し割高感がありますが、次項で紹介する お得なきっぷを利用するとグッとおとくになる場合があります。

また、モノレールから多摩エリアや富士山の景色を眺めたり、モノレール乗車そのものも楽しめるとあって人気の路線です。

2. 京王線(京王動物園線)

京王線では、京王動物園線で多摩動物公園駅にアクセスできます。高幡不動駅で動物園線に乗換えます。イラストが描かれたとても明るい車両が、1駅分のんびりコトコト走ります

京王線利用の場合、
京王八王子〜多摩動物公園駅は 片道210円・往復420円
京王新宿〜多摩動物公園駅は 片道390円・往復780円 です。

次に、多摩動物公園へのアクセスにお得なきっぷをまとめました。あまり知られていない大変お得なきっぷもあります。

広告

多摩動物公園へ行くなら
おトクなきっぷ –

多摩動物公園エリアへのアクセスにおすすめのお得なきっぷです。

多摩モノレール
1. 多摩動物公園セット券

多摩モノレールでは「多摩動物公園セット券」を 大人(高校生以上)1,000円 で発売しています。実はこのセット券、あまり知られていませんが大変お得なきっぷです。

※多摩動物園セット券は 小学生・中学生向けの販売はありません。小学生・都内在住中学生は多摩動物公園入園料が無料(都外在住中学生も割安料金)のため。

きっぷの内容
  1. 多摩モノレール:1日乗車券
  2. 多摩動物公園:入園整理券(整理券で入園できます)
どれだけおトク?

大人の場合、動物公園入園料が600円なので、モノレール片道料金が200円を超える場合は セット券のほうがお得になります。

たとえば「立川北駅〜多摩動物公園駅」が大人片道320円・往復640円・なので 往復利用だけでも 240円お得になります。

1日乗車券なので多摩モノレール利用次第では、もっともっとお得になります。

多摩動物公園セット券は、各駅券売機で発売しています(2024年3月現在)
詳細は 多摩モノレールホームページから確認できます。

詳細情報

多摩モノレール | 多摩動物公園セット券
https://www.tama-monorail.co.jp/monorail/ticket/set/tama-animal-park.html

多摩モノレール
2.
こどもとおとなのワンデーパス券

多摩モノレールでは通常、1日乗車券(おとな890円・こども450円)が発売されていますが、なんと季節によってもっとお得な1日乗車券を発売しています。それが「こどもとおとなワンデーパス券」「こどもワンデーパス」です。

利用次第ではモノレール沿線のお出かけがとてもお得になるパス券です。多摩動物公園へのお出かけには上述の「多摩動物公園セット券」の方がお得な場合も多いですが、多摩モノレール沿線のお出かけにぜひチェックしておきたいきっぷです。

料金は
こどもとおとなセット券の場合: 900円
こども券のみの購入の場合:200円 です。
※ 季節により内容が異なる場合がありますのでご注意ください。記載の金額は 2023年冬バージョンのものです

きっぷの内容

【こどもとおとなのワンデーパス 900円】
大人とこどもそれぞれ1日乗車券がセットになっています

【こどもワンデーパス 200円】
こどものみの1日乗車券です

※ 例えば「大人1人・小学生2人」で利用する場合に、こどもワンデーパスも追加購入すると便利です
※ 2023年12月現在、おとな券のみ期間限定ワンデーパスの販売はありません

どれだけおトク?

多摩モノレールで通常発売している1日乗車券は 大人890円・こども450円なので、1日乗車券だけでの比較でも440円お得です。

こどもとおとなのワンデーパス(900円)利用する場合、
多摩モノレールで 大人往復600円(片道300円)・こども往復300円(片道150円)を超える場合は、往復利用だけでも「こどもとおとなのセット券」の方がお得になります。

例えば
「立川北駅〜多摩動物公園駅」は
大人往復640円・こども往復320円なので
往復利用だけでお得になります。

※「多摩センター〜多摩動物公園駅」は、
大人往復540円・こども往復280円なので
往復利用だけではお得になりませんが、
1日乗車券なので多摩モノレール利用次第では、お得になる可能性があります。

2023年現在、季節ごとの発売方式で、発売時期にはホームページでお知らせがあります。
2023年冬バージョンの発売は、特定の駅の窓口またはインターネット販売です。券売機では購入できませんのでご注意ください(2023年12月現在)。取扱駅などの詳細は、多摩モノレールホームページから確認ができます。

詳細情報

多摩モノレールホームページ
https://www.tama-monorail.co.jp/

(参考)たまモノこどもとおとなのワンデーパス(2023年冬)
https://www.tama-monorail.co.jp/2023/11/2023winteronedaypass.html

京王線
3. 京王線のお得なきっぷ

京王線で多摩動物公園駅にアクセスする場合のお得なきっぷですが、多摩動物公園に特化したきっぷの発売はありません(2024年3月現在)。ただ、京王線(多摩動物公園線)で多摩動物公園駅に行く場合は、もともとの価格設定がリーズナブルです。

また、京王線の1日乗車券(大人1,000円・こども500円)は発売されていますが、お得になる場合は限定的といえそうです。

たとえば
【新宿(始発駅)〜多摩動物公園駅】は おとな 片道390円・往復780円
【京王八王子(始発駅)〜多摩動物公園駅】は おとな 片道210円・往復420円
なので、往復乗車のみでは お得にならない場合がほとんどです。

ただ、京王線を利用して他の駅でも乗り降りするといった場合には1日乗車券が活用できる場合があります。

その他、京王線のお得なきっぷ詳細は、ホームページから確認ができます。

京王多摩動物公園線は、動物園へのわくわくが高まる車両デザインが大変人気です。

詳細情報

京王電鉄ホームページ | お得なきっぷ
https://www.keio.co.jp/train/ticket/profitable/

error: Content is protected
記事URLをコピーしました